群馬県前橋市小相木町 1-8-14
TEL:027-251-6733



トップ>施工の種類

施工の種類

 

畳工事には三通りの施工方法があります。


新築時や増改築の際に新規に畳を製造する新調するほかに、
畳をリフレッシュするための【表替え工事】【裏返し工事】があります。
また、現在和室に使われている畳をすべて新しい畳に交換する【新畳工事】(畳替え工事とも言う)と三通りの施工方法があります。
 
 

裏返し工事


kuramochi_2.jpg

畳表が日焼けしたり痛んだりした際に、畳表の焼けてない方を表面側に裏返す施工方法です。
<畳床>および<畳表>は既存のものを使いますが<畳縁>は新しいものと交換します。
畳表を裏返すため一度施工した畳表は、次回に裏返しはできません。
畳表の痛み具合にもよりますが、目安として2~3年以内であれば十分に青々と綺麗にリフレッシュすることができます。一番安くすみますが、切り欠いた形の畳では裏返し不可だったり,汚れている場合はできません。
 
 

表替え工事


kuramochi_3.jpg

畳床をそのまま生かして、古く痛んだ<畳表><畳縁>を新しいものに取り替える施工方法です。
畳表の表面が黒ずんだ汚れになったり、全体がササクレてきた場合などは、畳表を交換する必要があります。
定期的に<表替え工事>を行うことで、常に新鮮な和室空間を楽しむことができます。通常であれば 表替えで十分です。
 
 

新畳工事(新調)事


kuramochi_4.jpg

畳と畳の間に隙間が生じたり、畳にデコボコやヘタリ・大きな隙間などが生じた場合、
畳床を含めたすべての畳材料を新しいものに交換する施工方法です。
こちらの目安は新調から15年~20年程度が良いと思います。
また、畳床自身を「ダニ対策」や「断熱効果」などのものに交換することもできます。